岩塩坑と地下にある『不思議の国』

 

  ルーマニアにある廃坑になった岩塩坑に光に満ちた遊園地が造られているというニュースを見ました。地下120メートルの地下にあり、観覧車をはじめいろんなアトラクションがあって、まさに楽しくスリルに満ちた不思議の国のような地下の世界です。

今では地下には街があり電車が走り、貯水する場所など、人々の実生活に欠かせないものに利用されていますが、キャロルが地下にトランプの国を造ったのは、やがてやってくるアムュ―ズメントの場所としての地下の世界の提案をした、といえましょう。

岩塩坑というものは、塩を海水から得る日本人にはピンときませんが、かつて海だった大陸が干上がって塩の地となったものです。聖書で「地の塩」といわれる所以です。

キャロルの時代にもあったポーランドのとある岩塩坑。数世紀にわたり信仰深い労働者が岩塩を彫ってチャペルをつくり、また彼らの手になるマリア像などは信仰の対象で、廃坑となった今は、芸術作品として展示されていて観光地になっています。

キャロルはこの岩塩坑に気を留めた様です。常日頃「あなたがたは地の塩である」という教えが頭にあった彼には、salt 塩が52の言葉であることからも気を留めていたことでしょう。岩塩は、岩塩坑Salt mineから採掘されます。 鉱山 mine は a mineとなると42の言葉。キャロルのお気に入りに違いありません。同じアルファベット・ナンバー52Alice Liddell にリンクする塩 saltからアリスが地下におちたとしたら、そこは岩塩坑ならぬ不思議の国。というのも、ポーランドの岩塩坑がモデルと思われる、「地下でのお嬢様の冒険談」(The Queen of Spades 1851年 トランプのギャンブルがからんだ演劇 )があり、地下で恋する人の命を救うために孤軍奮闘した娘の話に、少なからずキャロルは影響をうけたのではないかと思っています。

関連ページは以下をリンク  

地下にあるトランプの国の謎をスペードの女王から解く