白の騎士は誰?

鏡の国で、アリスは白の騎士に会います。危うく赤の騎士の囚われの身になるところだったアリスを救って     
くれました。馬から落ちてばかりで乗馬はうまくないのですが、発明が得意な騎士です。
騎士はアリスにさよならをいい、そしてアリスは女王になる試験を受けに行きます。二人の別れは、
鏡の国のクライマックスとも言うべき、シーンです。
                                                           

さて、白の騎士は、キャロル自身だといわれていることをご存知の方も多いでしょう。
そして、実は、キャロルが、白の騎士が自分だということを明かしているのです。

白の騎士、 White Knight を アルファベットナンバーで読んでみましょう。
それは、134になります。
そして、キャロル、Carrollをアルファベットナンバーで読んでみると、数え方は違いますが、34。 
134=34  なので、
 White Knight = Carroll となり、白の騎士は紛れもなくキャロルということになります。

 

imageWhite Knight
 65  + 69   =134                

Carroll
3,1
,18,18,15,12,12
3+1+1+8+1+8
+1+5+1+2+1+2=34

 

 

 

  ホームへ