IMG_0002『スナーク狩り』に隠された暗号から編み出されるミステリー

 

キャロルの『スナーク狩り』は、ベルマン(船長)を含む10人のメンバーが未知の生物スナークを船に乗って探しにいく物語です。当時のイギリスでの外地戦略の背後に戦略地の珍しい動物を捕まえて自国の人に見せることで国の偉大さを誇示したということがありました。まあ、それはさておき、ベルマンが、ここぞスナークがいるところ、と狙いを定めて降り立った島は岩だらけの無人島。彼らは純粋な気持ちで未知の生物に会いたかったのです。

 このスナークというものは曲者で、色んな種類があるという定説がありました。五つの明らかな特

徴のあるスナークの他に、ブージャムという、まったく様相の分からないものがあり、それをみると

見た人はすぐにその場で消えてしまうそうです。

このスナークについての秘密の情報であるブージャムのことをメンバーが聞いたのはいざ狩りを始めようと島に上陸した日

でした。この情報を伝えたのは、メンバーの一人のパン製造者ベイカーさんで、その彼は、自分が伝えた情報の通りに突然消えてしまいました。彼の最後の言葉は「あれは、ブー」。あらかたは、このブ―はブージャムと言ったものと想像して、ブージャムを見たので消えた、と思います。キャロルが物語の最後に記した最初で最後の言葉である「そう、だからあのスナークはブージャムだったのです。」に納得して物語を読み終えます。

しかしベイカーさんが発した最後の言葉の「ブ―」に他の意味を見つけた人がいます。もちろん私もその一人ですが、先人がいました。それは Larry Shaw という人で、このブ―は、ブーツと言おうとしたものであり、それは仲間のメンバーの一人である、ブーツさんを差し、ベイカーさんは「ブーツだ」と、殺される前に叫び、ブーツさんが殺人者だと知らせようとしたと主張しました。Shaw氏の「ベイカー殺害事件」という題の論考が雑誌に発表されました(1956年)。

 挿絵に描かれていない、靴磨き等の雑用係のブーツさんは、物語の初めのメンバー紹介で一番初めに紹介されました。その文はThe crew was complete: it included a Boot.(乗組員は完璧に揃っていた。そこにはブーツも含まれていた)。

 

この ブーツa Boots をアルファベット・ナンバーにすると、スナークSnark にリンク します。

 

 

It included a Boot. そこにはブーツも含まれていた。は It included Snark.そこにはスナークも含まれていた。となり、メンバーにスナークがいて、それはブーツだったことが最初に明かされています。これはキャロルの暗号だと発見して解読した私は、Shaw 氏の見解を交えて、『スナーク狩り』のもう一つの物語としてミステリー風小話を創作いたしました。今年の秋発行されるMischmasch に発表いたします。              

追記 627日 『スナーク狩り』の11年後にシャーロック・ホームズが世に出ました。隠れホームズ・ファンの私としては、ドイル氏も『スナーク狩り』に隠されたミステリーを読みとっていたのではと思っています。私の創作はキャロルのいた社会でのミステリーで現代社会では?ですが、なぜか日本人的なもので結ぶことになりました。

 

キャロルと42の世界に戻る